メディカルイラストレーションとは
About Medical Illustration


メディカルイラストレーションは、医学、医療のための“可視化”をするツールであり、主に学術論文や教科書、資料等に使用され、学術や教育目的で活用されています。

メディカルイラストレーションは医学医療情報を正しく平易に伝えるという大前提のもと、学術的学際的な観点から、シェーマ、陰影画法、CG(2DCG、3DCG、アニメーション)等のシーンに応じた多様なイラストレーション技術を用いて表現していきます。






NHKレポート「絵を描いて”命を支える”メディカルイラストレーター」


メディカルイラストレーターになるには


この分野は、知識と理解能力が求められる特殊な専門イラスト領域です。医師、医療従事者の求めるエッセンシャルを的確に表現することが求められます。

メディカルイラストレーターはたとえ手描きであれ、コンピュータグラフィックスであれ、描画能力と表現能力があれば、相応の可視化はできます。しかし、メディカルイラストレーションについては、医学の知識と臨床の経験や医師とのコミュニケーション能力も必要です。どんなに上手に絵を描いても解剖学或いは医学的見識に間違いがあれば、何の意味もありません。

医学医療の世界で重要な役割を担うメディカルパートナーとして貢献できるように、医学的知識と臨床的知見を得ることが肝要であり、それらがそなわったイラストレーターは、医学・医療の世界で重要な役割を担うことになります。潜在的にメディカルイラストレーターのニーズは膨大であり、今日本では僅少な医学医療に貢献するプロフェッショナルが求められています。


メディカルイラストレーター募集

error: Content is protected !!